2010年7月11日日曜日

三菱東京UFJ銀行で屋号付きの口座を開いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人事業主の開業届を出せば個人であってもかんたんに屋号付きの口座が開設できます。
本日無事にキャッシュカードも届きました!



というわけで、開設時のメモをば。


やっぱり都市銀行?


実務的な観点でいうとネット専業銀行が便利で良いと思います。特に抵抗などなければイーバンクあたりとか。個人的にはメガバンク系で持っておきたかったので、普段利用している「三菱東京UFJ銀行」で作成しました。



必要なもの

開設に必要になるのは以下です。
  • 開業届 (税務署の押印済みの物)
  • 身分証明 (免許証でOK)
  • 印鑑
  • 初回入金分 (1000円くらいでOK)

普通に個人で口座開くのと変わらないですよね? 実際個人の口座として扱われますしw

注意点としては、開設する支店はあなたの住所地の近くでないと色々面倒なことになります。口座の売買などが問題になったことから法律で本人確認の厳格化、また用途などが怪しくないかチェックされるためです。

とはいっても、やましいことがなく近所の銀行に行けば普通に対応してもらえるので大丈夫。



開設の手続き

あとは自分の住所地の近くの銀行へ行って、「個人事業主として、屋号付きの口座を作りたい」と言えばあとは全部案内してもらえます。必要な書類に記入するだけ。よく分からない項目は窓口の方が親切に教えてくださいます。

で、少し(10~20分くらい)待てばその場で口座が開設され、通帳が発行されます。
初めて屋号で呼ばれる瞬間ですw いやー、恥ずかしかったなぁ(笑)


ネットからの利用はできない

1点不便な点をあげれば、ネットから使えないのは痛いです。
残高はキャッシュカードから近くのコンビニATMで確認できるのですが、誰からいつ振込があったなど明細については、記帳に行かなければなりません。近所の銀行ATMがないと不便ですねぇ。

というわけで、何かしら事情があるか、見栄が優先されなければイーバンクあたりで作成されることをオススメしますw まぁ複数口座持っていても何ら問題ないのでいくつか作っておくと良いかもしれないですね。


【2009-2010年度版】図解 フリーランスのための超簡単!青色申告

0 件のコメント:

コメントを投稿