2010年7月20日火曜日

「すれ違い通信」を次世代プロフィール交換ツールに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日は海の日。みなさんどこかへお出かけになれらましたか?

私は彼女と海へ行ってきました!その後は近くの公園でのんびり。夕方くらい突然呼び出されてバタバタしてましたが、彼女と充実した一日をすごせました。…ええ、DSの中のお話ですがね…。


すれ違い通信を「一期一会」にしたくない心理


そんな未来に生きている我々ですが、すれ違い通信する際、メッセージ欄に以前からTwitterのアカウントを記入している人がいます。

↓ラブプラスの場合こんな具合に



すれ違い通信はどこで誰とすれ違ったか分からず、その人と再び連絡を取ることができない物が殆どです。

逆説的に言うとそれで犯罪レベルの問題が起こるのを防いでいるとも言えます。特にコンシューマー向けのゲームはイメージが大切ですから、マスコミなどによってマイナスのイメージが着くとそのまま売上を左右しませんから、実際どうかはさておき、あえて入れていない、とも考えられます。
 ※WiFiと連動させれば、メールボックス用のサーバは必要になりますが、メッセージを
  送るなどは技術的それほど難しくないと思われます。
  あとは売切型のビジネスなので販売後のコストをかけたくないってのも大きいかもし
  れないですね。

そういえば、今ほど名前が知れ渡っていなかったDQ9全盛期でも同様に書いている人を見かけました。昔から需要はあったんですね(^^;



ポーケン的な需要が出てくるやも?


ちょっと前にネット業界でポーケン(Poken)が流行っていたのをご存知でしょうか?
TwitterやSNSのアカウントなどを赤外線通信的なものでお互い交換する、ネット上のプロフィールを(名刺)をやりとりするガジェットがありました。

↓こんなの。かわいくないのが多いです(笑)
[ポーケン / Poken] - Ahiruguchi


すれ違い通信以外では自分のゲーム上のスコアやプロフィールなどを交換して楽しむのですが、もしかしたら普段私たちが持っているゲーム機や、iPhone、Androidなどでもこういった「プロフィール交換」の文化が形成できるのかもしれないですね。


すれ違い通信は、趣味嗜好の合いそうな人と出会ったドキドキ感、もう会えないかも、一生接点がないかもという切なさを味わうのも醍醐味と言えるのですが、とはいえやはりちょっとお話してみたいと思うのが人の常。

ではそもそもすれ違うのではなく、知らない人が集まったときに簡単にプロフィール交換できるツールとして機能できる何かがあると非常に便利かもしれません。そしてみんな持っているガジェットでそれを実現出来れば…。

例えば学生さんや若年層なら合コン、ビジネスでは交流会など色々なシーンで活躍できそうです。



これまでにもあった


ポーケン(Poken)意外にも昔からこの手の目論見を持って出てくるサービスはあるのですが、どれもデファクトスタンダードになっているサービスやアプリは無いように思えます。

みんなが持っているガジェットで実現できていないからというのが大きいのではないでしょうか。「オレのTwitterのアカウント○○」と言い、そこからたどってもらうとか、同様にmixiなどの登録名を言うのもあるでしょうが、リアルで会ったときにやるにはちょっと面倒。


ところが、日本ではガジェットを使ったプロフィール交換が盛んに行われています。
ガラケー利用者の間で赤外線でお互いのメールアドレスや連絡先を交換するのってすごく普通なことですよね。もう10年くらい使われてる機能じゃないでしょうか?

ガラケー恐るべしw
ここらへんの状況から次のビジネスのヒントが生まれるかもしれませんね。



参考


iPhoneでも同様のアプリがあります。

iPhoneアプリでも『Bump』でプロフィール交換
http://mobilenews2.blog40.fc2.com/blog-entry-130.html



「mixiキーワード」提供開始
http://mixi.co.jp/press/2010/0120/2489
「mixiキーワード」は「世界でたったひとつの自分のキーワード」を設定することができ、その「キーワード」からダイレクトに友人のページへ移動できるサービスです。



囲碁 棋士揮毫太骨扇子 依田紀基(一期一会)

0 件のコメント:

コメントを投稿